食べる順番ダイエットの体験談

私が行っていて目に見えて効果が実感できたと感じたダイエット方法は「食べる順番ダイエット」です。このダイエットは食事をする際に決まった順番で一つずつ食べ物を食べていくという簡単なものです。流れとしては、汁物系→食物繊維系(野菜等)→タンパク質系(肉、魚等)→炭水化物系(ご飯、麺等)という順番で食べていきます。ただそれだけの行程を行っただけで、体重が落ちました。あまり詳しい数字までは覚えていませんが、5キロ以上は確実に減ったと思います。
この方法はテレビの特集で知って、ダイエットに最適で健康的にも適した方法ということだったので、用意するものも無いし、ただ食べる順番を改善するだけという手軽さに魅力を感じて始めました。
始めのたての頃にちょっとだけ困ったのが、ご飯だけを食べるという事です。今まではおかずと一緒にご飯を食べて味わっていたので、若干味気ない感じがして最初は困りました。ですが、日が経つにつれてご飯そのものの味も悪くないなと感じるようになり食べる順番を変えて食事をするのが普通になっていきました。
ダイエットの結果は減量成功+肌も若干綺麗になるという嬉しいものでした。多大なお金もかけず、特別に用意しなければいけないものもない手軽なダイエットでここまで成果がでたので私はとても満足しています。

今現在も食べる順番ダイエットは継続中です。すごい大きな変化は最近は見られませんが、健康的にもいいので今後も続けていく予定です。フェイシャルで通っていますが、化粧のノリも変わってきています

食べる順番ダイエットの体験談

ゆとり世代との考えの違い

私は、35歳の独身女性です。派遣で、販売の仕事をしています。最近、思うことは、ドラマでもあったように、ゆとり世代との違いについてです。中には、しっかりした人もいますが、驚かされることが多いです。仕事は、勤めて2年近くになりますが、人の入れ替わりが早く私は、職場では、最年長で役職などはありません。新しく入ってきた人を教えたりしています。お店の中では、上の方から数えた方が早い立場です。新しい人を教えていると、入ってくる人は、20歳~28歳くらいの人です。認識や考え方の違いに驚かされます。歓送迎会なども、プライベートを優先して参加しなかったり、遅刻や休むことも多いです。仕事は、しっかりしてくれますが 、嫌な事だったりすると、直接口に出して言います。世代によってこうも違うものかと驚かされます。違いは、ありますがそういうものだと割り切っています。昔、自分たちが若いころ この様に思われていたのかなぁと思ったりします。

ゆとり世代との考えの違い